雪化粧

12-160Q3113937
読書について考へるとき、一般には「読む側」のことが問題にされる。どんな本を読んだらいのか。どの程度の頻度で読んだらいいのか。読む時間は、一日のうちでいつがいいのか。あるいは本を読むことの意義、どうした本を読むやうになるのか。更には、本は買ふべきか、借りるべきか。速読は有効か、などなど。

しかし、読書について考へるのは、まづ現代人の多くが読む「本」がいつたいどういふ状況にあるのかといふことである。言はば著者の側の問題である。その意味で前回取り上げた百田尚樹の『夢を売る男』はともて参考になつた。ついでもう一つ引用する。

編集部の荒木といふ男が、主人公である編集部長にかう尋ねる。「前から疑問に思っていたのですが、いい文章の基準って何ですか?」

それに対して、「読むやすくてわかりやすい文章だ。それ以上でも以下でもない。もうひとつ言っておくと、文章というのは感動や面白さを伝える道具にすぎん。つまり、読者をそうさせることに成功した作品なら、その文章は素晴らしい文章ということなんだ。」と語る。

何ともさつぱりとした回答である。百田の文章観であると同時に、百田が見た現代読者への割り切りでもあらう。これがそのまま百田の小説観であるとは思はない。なぜなら、小説への理想を抱かずに小説を書くことなどできないからだ。ただし、ここには独りよがりの小説が多いといふことへの批評はあるだらう。私はあまり小説読み巧者ではないので、多くの作品を読まないが、それでもこれは小説なのかなと思ふものもある。新人賞としての芥川賞作品にはそれが特に多い。以前は、作品を読むことを自分に課してゐたが、今は読まないことが多くなつた。『火花』『スクラップ・アンド・ビルド』は良かつた。

しかし、文章のうまさへたさだけで小説の良し悪しが決まらないのも事実である。エリオットにもどれば、さういふところで現代文学をエリオットは論じてゐたのではない。百田の小説の主人公によれば、小説は編集者や読者の読みの深さで淘汰され、良いものが残つていくといふことになる。つまり、自由主義的な姿勢によつて文学の水準は維持されるといふことである。ところが、エリオットはすでにそのことに懐疑的である。さういふ淘汰が起きる文化水準に「現代」があるのかといふ疑問である。

「私はすでに、文学に対する自由主義的な態度は役に立たない、ということを示した。たとえ、われわれに『人生観』を押しつけようとする作家が本当に独特の個人であり、読者としてのわれわれも独特の個人であるとしても、その結果はどんなものとなるであろうか。きっと読者はそれぞれ読書に際して、前もって感動する心構えのできている事柄によって感動するだけであろう。つまり読者は『もっとも抵抗の少ない方向』に向うであろうから、読書によってよりよい人間になるなどと保証することはできないだろう。」

ジャンル:
ウェブログ
ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

3-150QQ60428
ちょうど今ブログをみていたら、訪問者数が90000人になった。
90000人目のあなたは多分見知らぬ方です、ありがとうございます!
今日1日だけでも何かいいことがありますように!

そして、素通りでも、横切ってくださっている方、いつもありがとうございます康泰導遊

さて朝からこんな記事を書いているのは、一寸思いついたことがあったから、たいしたことではないけれど、、、

ブログの中で古い?(コツコツブログの地味な我がブログ、90000人の方に訪問していただくまでには
それなりの年数を費やした、だからその方も十分古くからのお付き合い)
ブロ友の方が「おなら」のタイトルで記事を書かれていました。

それだー!

何がそれかといいますと康泰導遊
いかに男女同権、男と女のちがいは認めない!なんて声高に叫んでも、
例えば、公衆の、わかりやすいのは、エレベーターの中等で誰かが「おなら」を
してしまった場合、それが男だった場合と女の場合とでは何かが違う!
その何かは何なんだ?

それがきっと、世間にある永遠不滅の男と女が同じではない何かではないだろうか。。。

訪問者数90000人という区切りの日にこんなくだらない記事を書いています。

最近、緊張して記事の投稿を躊躇しています。
というのも、次回の記事で2000記事(非公開も含め)になるからなんです靜脈曲張手術

こちらの方は私にとっては少しは価値のある数字、だから下手に下手な記事は書きたくないし、かといって、数字になんか、こだわるのは自分らしくないし、とはいえ、
「2000も書いているわりに、この程度の文章かよ!」と
もうひとりの自分に小バカにされているようだし、たかがブログ、されどブログ、あー悩ましい。

3-150R2094216
秋陽,遠山,曠野,歸雁……落入眸中的一幕幕景致,像一幅淡淡湮開的水墨畫,流溢著疏朗而厚重的氣息。

走在秋日湛藍高遠的天空下 HKUE 認可性,風,輕輕拂過發際,時不時在裸露的皮膚上留下一個清涼的吻痕。偶爾,有金黃的葉子跳著優美的芭蕾,滑過耳畔,掠過衣襟,落在腳下。

北方的秋天,落葉是最尋常的景物。曠野上,田間小路上,房前屋後,隨處可以它們飄零的身影,一片片金黃的落葉在風中劃過優美的弧線,像翩飛的蝶,美麗而讓人憐愛。

總覺得,落葉就像是久別重逢的故人,在歲月的輾轉中走過風雨寒霜,只為趕赴與秋天的這場不變的約定,它們在金黃纖弱的身體上,用清晰的脈絡寫滿了對歲月悠遠綿長的深情大阪自由行

記憶中,落葉不僅是我們兒時的玩伴,更給寒冷的冬天增添了許多溫情。

幼年時,北方的冬季最是難熬,凜冽的寒風,紛飛的素雪,把茫茫北國變成了一個天寒地凍的世界。在那個物質短缺,生活艱辛的時代,貯存足夠的柴草是每家每戶挨過冬季的重中之重。當地裏的莊稼杆被撿得乾乾淨淨,玉米茬子也早早的用馬車拉回家,看著尚沒有備足過冬的“物資”,人們把目光自然而然的落到了落葉身上。秋風一吹,秋葉一落,沉寂的小村莊再一次喧鬧起來,家家戶戶、老老少少紛紛動手,各自劃分領地,將金黃的落葉一袋一袋的運到家中康泰旅行團 日本。這時,老人,孩子,就像是一只隻身手敏捷的松鼠,爭分奪秒貯存著過冬的食物。

落葉在灶間熱烈的燃燒著,隨著紅紅火苗和金黃落葉的熱烈纏綿,飯菜的香味開始慢慢彌漫小屋的每一處角落。

時至今日,仍然可以清晰的記起當時溫馨的場面,那些看似平凡而普通的落葉,像一只只燃燒的紅燭,給生活在風雪交織日子中的人們,帶來了多少溫暖和希望啊!

落紅不是無情物,化為春泥更換花。落紅如此,落葉又何嘗不是呢?經風沐雨後,它們脫離母體,落入塵埃,用生命的最後力量滋養、回報給予它生命的廣袤大地。

落葉,用靜美的姿態,於這個世界揮手告別;用殘存的軀體,給予人們最後的溫暖。落葉是美麗的,也是慈悲的。

落葉如詩,它走過生機勃勃的春,綠蔭如蓋的夏,將流年裏所有的風霜和歡笑一併納入懷中,只將喜悅、明媚綻放於歲月枝頭。

一葉落而知天下秋,一片樹葉由綠泛黃,再漸漸轉為金黃,直到最後從容優雅的飄零,結束一生的使命,奔赴下一次生命的輪回,看似短暫無奇的一生,給予我們的,又是怎樣深刻的啟迪呀?

曆寒暑而不驕,經風雨而不餒,不消沉,不怨憤,只以一顆平常、無悔的心從容走過四季。這世界,我來過,溫暖過,幸福過,又有什麼可遺憾的呢?

一些看似普通的、尋常的景物,帶給我們心靈的,又是多麼強大的心靈震顫啊!

每一顆高貴的靈魂,都值得我們尊重和敬畏。

窗外,秋雨淅瀝,一片片落葉在雨水的浣洗下愈發明豔,屏息,似乎可以聽到秋葉細細的呢喃,輕輕的,緩緩的,漫過心扉……

名利紛爭的塵世間,還能有多少人,能如落葉一樣,守著一顆簡寧澄澈的心,於喧囂中保持一份恬淡,於浮躁中保持一份通透,待繁華落盡,初心依然?

人世間跋涉,我們都曾是一枚枝頭的樹葉,與另一些樹葉或並肩而立,比鄰而居,或相伴一程,笑看風雨,或刹那相逢,擦肩而過……

最初的最初,我們都曾懷著一顆澄澈的心,以素顏、素心,走過一段明澈如水的歲月,只是俗世喧囂,太多的紙醉金迷,太多的浮光掠影,讓一些人迷失在鋼筋水泥鑄就的都市森林中,淪陷於爭名逐利的泥沼裏,忘了來路,忘了歸期。

生命是一場修行,以一顆初心,慢煮歲月,笑對沉浮,才能讓生命呈現出樸素而迷人的光澤,釋放出怡人的暗香。

讀過一則故事,在文革時期,一位老藝術家被下放到農村給牲口鍘了整整七年的草,等他平反回家時,人們驚奇的發現他竟然沒有一絲一毫的憔悴蒼老。他笑著解開了人們的疑惑,他說:“怎麼會老呢?每天我都是按4/4拍鋤的。”面對逆境和黑暗仍然保持著一顆樂觀的心,視苦難為磨礪,人生,又何處不是花開滿徑,秋水長天?

流年風霜嘗遍,依舊靜美如初。偉岸的景象縱然值得注目,平凡的生命一樣值得尊重。一如這一片片匍匐於泥土裏的落葉,渺小如塵,卻用無悔的姿態震撼著我們的靈魂。

好想,做一枚秋日枝頭的落葉,紛擾塵世,從容走過,靜美退場……

このページのトップヘ