雪化粧

50
口で『話す』、本や雑誌を『読む』と言う時に使う言葉は、まるで生物の様に生き物だ。日本語だろうが、英語だろうが、どんな言語でも一端、口から出るとその人に代わって行動する。また別行動する場合も有る。その代表は『噂話』だ。次々と伝染する。伝らない様に注意しても振り廻せられる場合もある。注意しなければならないのだが雪纖瘦
 
例え、どんな良い意味に於いても悪い意味に於いても言葉は人に影響を与える。話しても、読んでも影響を与える言葉だからこそ、注意して使わなければならないし、それに振り廻せられない様にするにはと何時も思う環保袋
 
言葉には人に良い影響を与えるとそうではないがある。極端な話だが、人に良い影響を与えない言葉以外は全て何らかの悪影響を人に及ぼすと思うのだ。個人的に思うのだが、その代表的な例が『可愛い』で、一頃、色々な場面で聞こえて来たのだ。誰に対しても一言「可愛い」と言えば笑い話にもなるが、中には不愉快にする人も入る。私なんかは聞いていると「もっと他に表現方法がないのか」と何度も思ったりした。日本人にだけ通用して外国から来た人はどう感じているのだろうかと何度も思ったりもした牛熊證風險
 
外国人と言えば私の廻りに居るのが外国から宣教師。その殆どの人が英語で話すが、一部にはアジア圏から来る人もいるので、そんな時は教会の中は賑やかだ。各言語が宙に飛んでいる事も有ります。彼らが話す日本語を聞いていると日本人が使う流行語ではなく、その殆どが幼児期に使ったようなたとたどしぃ言葉が聞こえて来ます。また感謝の言葉や人々を元気にする言葉だったりもする。
 
その代表的な例は「ありがとう」や「感謝します」と言う言葉だ。それらの言葉は人間関係を調整する潤滑油でも有る。誰もが経験が有ると思いますが人から「ありがとう」や「感謝します」と言われると嬉しくなりますね。悪い気持ちもしませんよね。
 
時々、『正しい日本語の使い方』と言ったテレビ番組の視聴率も髙かく、或は新聞や雑誌でも、その様な類が流行るのは、言葉の知らない日本人が余りにも多いからではないのかと思う。本を読まない代わりにパソコンや最新のネット環境機械を使って本を読んでいるのかと思えば、そうでなかったりする。益々、言葉が衰退してしまうのではないか。
 
とは言え日本人なので日本語を使って話し読みをしなければならない。それに言葉も絶えず変化する。漢字だって変化する。数年置きに漢字が入れ替わったりする。それまで流行っていた言葉が辞典にも乗ったりもする。それらを考えると何時も変化しているのが言葉だ。何も流行りの言葉を使わなくても、少し間口を広げていれば言葉や表現の仕方はいっぱいある筈なのだが。


31
日、『グランド・ブダペスト・ホテル』を観に行った折、上映前の劇場予告で『思い出のマーニー』を瞥見。未だ封切り前のことで原作も未読でしたから、所詮はスレた読み手の妄想に過ぎないのですが。

各場面に潜ませた、伏線だの隠喩だの。語り手の想いを籠めたアレやコレやが、手に取るように“読めて”しまって……不意に湧き上がった怒濤の如き懐旧と慚愧の念に、枕かぶってウヒャ〜!!! と絶叫したい心持ちになってしまいました。

勿論、其処こそが製作陣の企図するところ 、なのでしょうけど……

その昔、リアルに多感な十代を女子校&女子寮で過ごした小母ちゃんは(と書いてて既に、甘酸っぱくも小っ恥ずかしい思い出が!)ウッカリ観に行ったが最後、全編に渉って変な声が出そうになっちゃいますがな〜。

そんな性分ゆえ、ジブリアニメの一番シックリ来る&お友達になりたい登場人物って、依然、『魔女の宅急便』のウルスラ嬢(と言っても、作中では一度も名前が出て来ない、森の中の小屋で油絵の大作を描いてたお姉さん)だったり。

『魔法ってさ、呪文を唱えるんじゃないんだね』
『うん。血で飛ぶんだって』
『魔女の血か……。いいねぇ、私そういうの好きよ。
 魔女の血、 絵描きの血、パン職人の血。
 ……神様か誰かがくれた力なんだよね。おかげで苦労もするけどさ』

デビュウ3年目にして誠に初々しい高山みなみ先生の、一人二役の対話だったとは俄に信じ難い渾身の超絶美技も相俟って、素晴らしく印象的かつ素敵に凛々しい“The handsome woman”でしたよねぇ……たまらんvvv

などという経緯もありつつ、Amazonさんのカートに“今は買わない”で数ヶ月放置してた、荒川 弘氏の『百姓貴族』第3巻を購読。『鋼の錬金術師』は単行本発刊毎に拝読しておりましたが、こちらと『銀の匙 Silver Spoon』は、自分の中で読みたい気持ちが高まってくるのを待って、おもむろに手を伸ばす作品です。

描き手のお人柄が真っ直ぐに顕れてるから、彼女と話をしたくなった時に会いに行く感じ。勿論、個人的に存じ上げてる訳じゃないんですが、拙宅では家族一同、図々しくも「荒川さん」呼ばわりさせて戴いちゃってます。

圧倒的な親近感と絶対的な信頼感の所以は、『血で描く』描き手だ、ってことが手に取るように“読めて”しまうから、なんでしょうねぇ。

読者が如何に感じ何を考えようとも、全部まとめてズバンと受けとめるぜ!という安定の潔さ。紛れもなく“百姓の血”、中でも最強の“開拓農民の血”で描いてやるぜ!って覚悟が、全てのページからヒシヒシと伝わって来ます。

やはり“語る力”を以て生業とするならば、斯く在りたし。

枕かぶってウヒャ〜!!! と絶叫したくなってる観客の『横に座り、そっと寄りそうような映画を、僕は作りたい』だけってのは、どうなの? 個人的な嗜好は、それぞれお有りでしょうが、プロならば『この映画一本で世界を変えよう』って位の覚悟が欲しい、と思っちゃうわけですよ小母ちゃんは。

翻って自分自身は、『血で書く』散文書きに果たしてなり得るのか?

「荒川さん」からガッツを分けて戴ける『百姓貴族』第3巻、安定のお奨めです!

35
その時は最終的に割とマジで切れて大問題とまではいきませんが小問題くらいになった経験があったのでそれがフラッシュバックしたと言うか何となく今止めさせないとダメだというスイッチが入っちゃったんです。

もちろん、机を蹴った行為について正しいなんていうつもりはありません。

でも、きっと高校生の私には他に解決策がなかったんだと思います。

それで、後からその出て行った先生が顧問をやってた部活の友達に聞いたら「たったそれだけで切れるなんて…」って言ってたらしいんです。

その時ですね、人間には他人には絶対にわからない一線があると思ったのは…。

それからは犯罪者をかばうってわけじゃないけど出来るだけ「たったそれだけの理由で…」とは考えなくなりました。

ブログを書きながら思ったんですけど恐らくこの頃から犯罪行為が理屈に合ってるかを考えるようになったんでしょうね。

結局何が言いたいかというともっと犯罪者のことも考えろ!!ってわけでは当然ないけど、「たったそれだけの理由で…」と言って切り捨てるな!!とは思います。

それをやっちゃうと思考停止になってしまうと言うか、自分とは違う人間なんだと感じてしまうと思うんです。

自分は絶対にそんなことはないと思ってる人でもあなたの些細な一言が全く知らない人の犯罪のスイッチを押してしまう危険があることをもっと考える必要があるんじゃないでしょうかね。

なぜなら犯罪を正当化するスイッチが入った人間にとっては「たったそれだけ」じゃなくて「それが全て」になってるからです。

冷凍食品の農薬混入の記事でも書きましたが、これは犯罪者を擁護してるわけじゃなくて「たったそれだけ」で終わらせていたらいつかは自分にその被害が来るからです。

このページのトップヘ