雪化粧

2014年07月


31
日、『グランド・ブダペスト・ホテル』を観に行った折、上映前の劇場予告で『思い出のマーニー』を瞥見。未だ封切り前のことで原作も未読でしたから、所詮はスレた読み手の妄想に過ぎないのですが。

各場面に潜ませた、伏線だの隠喩だの。語り手の想いを籠めたアレやコレやが、手に取るように“読めて”しまって……不意に湧き上がった怒濤の如き懐旧と慚愧の念に、枕かぶってウヒャ〜!!! と絶叫したい心持ちになってしまいました。

勿論、其処こそが製作陣の企図するところ 、なのでしょうけど……

その昔、リアルに多感な十代を女子校&女子寮で過ごした小母ちゃんは(と書いてて既に、甘酸っぱくも小っ恥ずかしい思い出が!)ウッカリ観に行ったが最後、全編に渉って変な声が出そうになっちゃいますがな〜。

そんな性分ゆえ、ジブリアニメの一番シックリ来る&お友達になりたい登場人物って、依然、『魔女の宅急便』のウルスラ嬢(と言っても、作中では一度も名前が出て来ない、森の中の小屋で油絵の大作を描いてたお姉さん)だったり。

『魔法ってさ、呪文を唱えるんじゃないんだね』
『うん。血で飛ぶんだって』
『魔女の血か……。いいねぇ、私そういうの好きよ。
 魔女の血、 絵描きの血、パン職人の血。
 ……神様か誰かがくれた力なんだよね。おかげで苦労もするけどさ』

デビュウ3年目にして誠に初々しい高山みなみ先生の、一人二役の対話だったとは俄に信じ難い渾身の超絶美技も相俟って、素晴らしく印象的かつ素敵に凛々しい“The handsome woman”でしたよねぇ……たまらんvvv

などという経緯もありつつ、Amazonさんのカートに“今は買わない”で数ヶ月放置してた、荒川 弘氏の『百姓貴族』第3巻を購読。『鋼の錬金術師』は単行本発刊毎に拝読しておりましたが、こちらと『銀の匙 Silver Spoon』は、自分の中で読みたい気持ちが高まってくるのを待って、おもむろに手を伸ばす作品です。

描き手のお人柄が真っ直ぐに顕れてるから、彼女と話をしたくなった時に会いに行く感じ。勿論、個人的に存じ上げてる訳じゃないんですが、拙宅では家族一同、図々しくも「荒川さん」呼ばわりさせて戴いちゃってます。

圧倒的な親近感と絶対的な信頼感の所以は、『血で描く』描き手だ、ってことが手に取るように“読めて”しまうから、なんでしょうねぇ。

読者が如何に感じ何を考えようとも、全部まとめてズバンと受けとめるぜ!という安定の潔さ。紛れもなく“百姓の血”、中でも最強の“開拓農民の血”で描いてやるぜ!って覚悟が、全てのページからヒシヒシと伝わって来ます。

やはり“語る力”を以て生業とするならば、斯く在りたし。

枕かぶってウヒャ〜!!! と絶叫したくなってる観客の『横に座り、そっと寄りそうような映画を、僕は作りたい』だけってのは、どうなの? 個人的な嗜好は、それぞれお有りでしょうが、プロならば『この映画一本で世界を変えよう』って位の覚悟が欲しい、と思っちゃうわけですよ小母ちゃんは。

翻って自分自身は、『血で書く』散文書きに果たしてなり得るのか?

「荒川さん」からガッツを分けて戴ける『百姓貴族』第3巻、安定のお奨めです!

35
その時は最終的に割とマジで切れて大問題とまではいきませんが小問題くらいになった経験があったのでそれがフラッシュバックしたと言うか何となく今止めさせないとダメだというスイッチが入っちゃったんです。

もちろん、机を蹴った行為について正しいなんていうつもりはありません。

でも、きっと高校生の私には他に解決策がなかったんだと思います。

それで、後からその出て行った先生が顧問をやってた部活の友達に聞いたら「たったそれだけで切れるなんて…」って言ってたらしいんです。

その時ですね、人間には他人には絶対にわからない一線があると思ったのは…。

それからは犯罪者をかばうってわけじゃないけど出来るだけ「たったそれだけの理由で…」とは考えなくなりました。

ブログを書きながら思ったんですけど恐らくこの頃から犯罪行為が理屈に合ってるかを考えるようになったんでしょうね。

結局何が言いたいかというともっと犯罪者のことも考えろ!!ってわけでは当然ないけど、「たったそれだけの理由で…」と言って切り捨てるな!!とは思います。

それをやっちゃうと思考停止になってしまうと言うか、自分とは違う人間なんだと感じてしまうと思うんです。

自分は絶対にそんなことはないと思ってる人でもあなたの些細な一言が全く知らない人の犯罪のスイッチを押してしまう危険があることをもっと考える必要があるんじゃないでしょうかね。

なぜなら犯罪を正当化するスイッチが入った人間にとっては「たったそれだけ」じゃなくて「それが全て」になってるからです。

冷凍食品の農薬混入の記事でも書きましたが、これは犯罪者を擁護してるわけじゃなくて「たったそれだけ」で終わらせていたらいつかは自分にその被害が来るからです。

3
見過ごしてしまうところだった。
眼を凝らさないとわからないほどの、小さいが凄まじい蠢きがおきていた。
ベランダの蛾の卵が孵ったのだ。
幼虫があまりに小さいので、虫メガネを通して写真を撮ってみた(下の写真)。

鉛筆で点を打ったような小さなものが無数に、見えない糸を引いてぶら下がり、風に吹かれて揺れている。よく見ると、点はくの字になったり、しの字になったりしてくねっている。
強い風が吹いてくると、点の一団はどこかへ吹き飛ばされてしまう。するとまた、つぎの一団が降下部隊のように下りてくる。
そのようにして、小さな生き物の旅立ちが2日間つづいている。

風に飛ばされた幼虫はどこへ行くのだろうか。
どこかの草の上か土の中へ落ちて、鳥や虫に食われたりしながら、幾匹かは生き残るのだろうか。風まかせの旅立ちのすえに、翅を得て、やがて再び風にのる日がくるのだろうか。
ゴミのように小さな命の、あてどない行く末を思っている。

桜も咲きはじめた。虫も人も旅立ちの春だ。
いつかの春、ぼくもゴミのように旅立ったひとりだ。ゴミのように生きて、いまもまだゴミのままだ。
蛾という漢字は虫と我が合体したものにみえる。虫が我に返ったとき蛾になるのだろうか、などとこじつけてみる。

ぼくもまた、もういちどゴミの中に我を探してみよう。
春だから、できるならば生まれてみよう。
ゴミのように小さな蛾の幼虫が、いくどかのメタモルフォーゼののちに、ふたたび体を風にのせる。そんな季節はどこかに待っているのだろう。
そのさきは風の物語だ。

2

温暖な土地なのに、大阪の桜の開花は意外とおそい。
まだ半分は蕾のままだnuskin 如新
桜の花が咲くには、休眠打破という気候的な条件も必要らしい。
雪にもあわなかった大阪の桜は、まだ十分に目覚めていないのだろう。

桜の花を見ていたら、「咲くら」という言葉が頭に浮かんだ。
パソコンではないので、変換を間違えたわけではない。
叫びのように、蔑称のように、なにげなく浮かんできた。
たぶんぼくは、桜の花に嫉妬している。

咲き誇っている。桜はそんな花だnuskin 如新
暗い道や土手も明るくなった。桜の花には光があるのだろう。
光はまばゆい。近づきたいが近づけない。ためらいがある。
こいしい人にも届かない言葉が、花に届くだろうかと躊躇する。
ぼくはただ「咲くら」と口ごもる。

桜の花が散る夢をみて、目覚めたのちも胸の騒ぎがおさまらない。
とうたった歌人は西行だったろうか。
ぼくは現実の桜の花を見ていても、胸が騒ぐような気がする。
歓びでもない。不安でもない。すこし憧れに似ている。羨望に似ている。いくぶん圧倒されてしまうnuskin 如新

桜と言わずに「咲くら」と口に出すとき、桜は単なる花ではなく動きである。花を動かそうとする願望がある。
和歌山では、「行こう」と言って誘うとき「行こら」と言う。
いっしょに行こうと言うとき、「つれもて行こら」と言う。
目覚めようとする桜よ、つれもて咲くら!
ぼくも連れていってくれ!

このページのトップヘ