50
口で『話す』、本や雑誌を『読む』と言う時に使う言葉は、まるで生物の様に生き物だ。日本語だろうが、英語だろうが、どんな言語でも一端、口から出るとその人に代わって行動する。また別行動する場合も有る。その代表は『噂話』だ。次々と伝染する。伝らない様に注意しても振り廻せられる場合もある。注意しなければならないのだが雪纖瘦
 
例え、どんな良い意味に於いても悪い意味に於いても言葉は人に影響を与える。話しても、読んでも影響を与える言葉だからこそ、注意して使わなければならないし、それに振り廻せられない様にするにはと何時も思う環保袋
 
言葉には人に良い影響を与えるとそうではないがある。極端な話だが、人に良い影響を与えない言葉以外は全て何らかの悪影響を人に及ぼすと思うのだ。個人的に思うのだが、その代表的な例が『可愛い』で、一頃、色々な場面で聞こえて来たのだ。誰に対しても一言「可愛い」と言えば笑い話にもなるが、中には不愉快にする人も入る。私なんかは聞いていると「もっと他に表現方法がないのか」と何度も思ったりした。日本人にだけ通用して外国から来た人はどう感じているのだろうかと何度も思ったりもした牛熊證風險
 
外国人と言えば私の廻りに居るのが外国から宣教師。その殆どの人が英語で話すが、一部にはアジア圏から来る人もいるので、そんな時は教会の中は賑やかだ。各言語が宙に飛んでいる事も有ります。彼らが話す日本語を聞いていると日本人が使う流行語ではなく、その殆どが幼児期に使ったようなたとたどしぃ言葉が聞こえて来ます。また感謝の言葉や人々を元気にする言葉だったりもする。
 
その代表的な例は「ありがとう」や「感謝します」と言う言葉だ。それらの言葉は人間関係を調整する潤滑油でも有る。誰もが経験が有ると思いますが人から「ありがとう」や「感謝します」と言われると嬉しくなりますね。悪い気持ちもしませんよね。
 
時々、『正しい日本語の使い方』と言ったテレビ番組の視聴率も髙かく、或は新聞や雑誌でも、その様な類が流行るのは、言葉の知らない日本人が余りにも多いからではないのかと思う。本を読まない代わりにパソコンや最新のネット環境機械を使って本を読んでいるのかと思えば、そうでなかったりする。益々、言葉が衰退してしまうのではないか。
 
とは言え日本人なので日本語を使って話し読みをしなければならない。それに言葉も絶えず変化する。漢字だって変化する。数年置きに漢字が入れ替わったりする。それまで流行っていた言葉が辞典にも乗ったりもする。それらを考えると何時も変化しているのが言葉だ。何も流行りの言葉を使わなくても、少し間口を広げていれば言葉や表現の仕方はいっぱいある筈なのだが。